いちご大福

しばらくブログをご無沙汰してごめんなさい。
SNSの投稿で瞬殺で満たされてしまうので、なかなかブログにかかれずにいたんだけど、昨日は制作で良いことがあったから記しておこうと思う。

夏の終わり頃から初のソロ作品を録音するべくデモ録りというか、プリプロというかをしているわけですが、あれやこれやうまくいかないことが多くて、へこたれそうになってました。それは、私が「何がどうなのか」を伝えるのが下手くそすぎて、「わからないならもういいや」って逃げようとしてきた結末であって、でも世の中はそんなに甘くないので、わかってもらえないことをちゃんと伝えなければならない時があって、悩んだり文句言ったりしながら4〜5ヶ月かかってやっと小さな小さな一歩を踏み出せたのです。

そこに至るにはいろんな要因がもちろんあって、良い影響は、

この前逗子の渚小屋へベースの若林美佐ちゃんに会いに行った時にギターの佐津間純くんとの会話で出た彼の言葉だったり、

Long Brunchの相方、朝香ちゃんと今年過ごした少し濃いめなつきあいの中で学んだ生活の仕方とか人とのコミュニケーションの仕方の豊かさだったり、

こじまいづみちゃんとの時折のやり取りの中で彼女のスタンスや情熱、人としての可愛らしさを感じていること、

一人孤独に自分と歌とギターと向き合う中でわかってきたことだったり、、、

最近のトピックスではnativeを通して出会った深谷くんがドラムを叩いている、中村佳穂ちゃんのニューアルバムがリリースされて、その作品と彼女のライブ映像、インタビュー記事とかを見てムラムラ感じることがたくさんあったりなんかして。

いやぁ、中村佳穂ちゃん、むちゃくちゃ良いです。この数日もうずっと聴いてて、人生めっちゃアガってる。良い音楽って、一つには朝の気分が変えられることなんじゃないかと思うけど、朝このアルバムを聴くとめちゃめちゃご機嫌さんになれたりするの。

まあそんなたくさんの刺激やら電気信号やらエネルギーやら波動やらマナやパワーを受け取って、あるいは逆に吐き出していったりする中で、受け入れられるようになったこと、気にならなくなったことなんかがあったりして、

昨日の作業は問題点がきちんとわかって、それに対する解決策にトライしてみて、結果、すごく新しい境地になって、今までやったことない風に歌ったり、今までできなかったニュアンスが出せたり、とにかく大収穫、第一歩前進、ここがスタート地点的なスタジオ作業になったわけです。

ほんともう、このままじゃできないんじゃないか、自分のうっすい才能が本当は何にもなかったんじゃないかなんておもったけど、ドアが開いて景色が見えて、あぁ、やっててよかったなぁと思えたのでした。

レコーディングのときっておやついろいろあるけど、歌を録り終わるまではほぼ食べることはなくてだいたいお水かウィダーかって感じ。なので食べられるのはここでひと段落、これで今日はおしまーいってわかったときなんだけど、そんな時にいちご大福があるっていうのはものすごーーく幸せだなぁって、ホクホクした気分になったわけです。


まだ先は長いけど、とにかく前に進める兆しができたから、あーーー、もうほんと良かったぁ。

帰ってから、当然すぐには眠れなくて、佳穂ちゃん聴きながら一人、小躍りしたのでした。

そんなわけで眠たい朝〜。
うぐっ。
それでも、頑張れる。

ではでは、今日はこの辺で。
お仕事の人も、お休みの人も、良い一日になりますようにー。

ASAKOYOSHIHIRO OFFICIAL β

20 years anniversary: always love music

0コメント

  • 1000 / 1000